×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

極つぶし(7)四郎暗殺計画

佐野四郎警視正、兆治、京太郎が次々と命を狙われた。
数週間前に警視庁のマザー・コンピュータがハッキングされ、三人の情報が漏れていた。
15年位前に四郎が逮捕したハッカー・グループの主犯・青知の身内の逆恨みらしい。
青知を逆探知するため、G女子少年院からコンピュータ操作に関しては超一流の少女・白石愛が京太郎のところにやってきた。
丹波調査会社社長・丹波彦造はあらゆるデータを収集し、握った情報をもとに脅迫・会社乗っ取りを法の網をくぐって行い、そのために自殺した人間が50名以上出ているという。
丹波抹殺の指令を受けた京太郎だったが、その手先の比留間組は兆治と手を組んでいるらしい。
京太郎は兆治にその報告書を見せ、比留間組と手を切るよう迫る。
メンバーに加わった愛の年少時代の友人・ミキは、何人もの問題児を社会復帰させている「鳴滝塾」に入り更生した。
その後、陸上界期待の星として活躍していたミキだったが、突然、愛の目の前でトラックに向かって暴走し死亡した。
自殺と思われたが、その解剖の結果ドラッグが検出される。
愛はミキの死亡原因を掴むため、鳴滝塾に入塾する。
佐野四郎警視正とT大学時代同期だった中臣義彦が、志波浦中央署の署長に就任した。
二人は秀才コンビで、ライバル同士だった。
中臣署長の行動を不振に感じた佐野は愛に志波浦中央署のコンピュータへのハッキングを命じたが、逆探知されてしまう。
佐野、兆治、京太郎、愛の四人は中臣署長を潰すべく志波浦中央署に向かった!!手のお化け、手っちゃん。
見た目はリアルな手のお化け。
でも中身は人間と同じ。
最初は驚いていたキヨシ一家もアッと言う間に家族になって…!? 手のお化け、手っちゃんとキヨシ一家が巻き起こす珍騒動と家族の愛を描いたほのぼのコメディ!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008789