×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夢粱録(むりょうろく)(3)南宋臨安繁盛記

南宋王朝が国都とさだめた臨安、すなわち杭州の都市繁昌記。
当時の文化と社会の賑わいを活写する。
書名にはその繁栄が元朝に滅ぼされ、一瞬の夢にすぎなかった感慨が託される。
本邦初訳。
最終第3巻は、巻十四から巻二十まで。
解題を付す。
豊臣秀吉の侵略軍を撃退した朝鮮水軍の雄、李舜臣の戦中日記。
壬辰倭乱さなかの人・モノ・こころの動きをリアルタイムで書きとめた稀有な史料の口語訳。
第2巻は、1595年から1597年7月まで、講和交渉期の陣型と、李舜臣の失脚と復権。
16世紀、クリシュナへの一途なバクティ(献愛)を説く踊る宗教運動がベンガルに現れた。
第2巻は、中期の嬉戯のつづきと晩期の嬉戯。
聖地をめぐり、愛の情感に浸されて失神するチョイトンノの嬉戯の真骨頂。
巻末に解説を付す。
ユーラシア全域を視野に収めた前嶋学の成果を主題別に全4巻に集成。
本巻は、人生の旅の途上で出合った書物と人に関する随筆・紹介文、紀行文など42編。
略年譜、詳細な全巻索引を併録。
豊臣秀吉の侵略軍を撃退した朝鮮水軍の雄、李舜臣の戦中日記。
壬辰倭乱さなかの人・モノ・こころの動きをリアルタイムで書きとめた稀有な史料の口語訳。
最終第3巻は、丁酉倭乱の帰趨、そして勝利直後の英雄の死。
解説、総索引を付す。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60003181