×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

喰いタン(5)

what's new

喰いタン(5)

喰いタン(5)

60年の時を超え甦る幻の肉ジャガ! 人間国宝を襲う見えない殺意! 謎が謎を呼び、食欲が食欲を呼ぶ! 喰えば喰うほど冴えわたる喰いしん坊探偵・高野聖也(たかのせいや)の超推理! 執筆のため、山荘にこもる高野。
山菜採りの誘惑にあらがえず付近を散策していた高野が出会ったのはなんと……。
これは知力と胃袋の限界が試される――寺沢大介からの挑戦状だ!! これを読まずして、食と推理を語ることなかれ!探偵・高野聖也(たかのせいや)があらゆる謎を、いただきます。
これは知力と胃袋の限界が試される――寺沢大介からの挑戦状だ!! これを読まずして、食と推理を語ることなかれ!コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。
江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。
嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。
次の日カカシが殺される。
無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。
未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?聡明で強い呪術の能力を持ちながら、出世の野心なく、貧しい人々の住む陋巷に住み続けた顔回。
孔子の最愛の弟子である彼は師に迫る様々な魑魅魍魎や政敵と戦うサイコ・ソルジャーだった……息づまる呪術と呪術の暗闘、政敵陽虎との闘争、影で孔子を護る巫儒の一族。
論語に語られた逸話や人物を操りつつ、大胆な発想で謎に包まれた孔子の生涯を描く壮大な歴史長編、第一部。
いつかは壊れるものなら、最初からいらないと思っていた。
同じ想いにならないのなら、この人を好きになることはないと思っていた。
でも怖がるだけじゃ何も始まらないことだって知っている。
――打ち寄せる波のように形を変える人間関係を鮮やかに描く、新人離れした連作集。
第1回新潮エンターテインメント新人賞・受賞第一作!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60016487