×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

黎明の艦隊(3)

黎明の艦隊(3)

開戦中止命令から2年、ついに日米両軍は太平洋上で激突!「新八八機動艦隊」を創設した日本海軍は、環太平洋4大決戦に勝利し、さらに小沢機動艦隊は、米主力艦隊を壊滅すべく総攻撃を開始した!昭和17年新春、日本海軍対抗の模擬空戦が行われる。
互いの技量の限りを賭してしのぎあう、「零戦」の笹井一飛曹、「鍾馗」の黒江大尉。
日米開戦劈頭、「B17」に苦しめられる笹井に、黒江はある秘策を伝授する…。
昭和17年6月5日、聯合艦隊司令長官山本五十六は、最大規模のMI作戦を発令した。
しかし、米空母三隻を撃沈して勝利に酔う攻撃隊の無線機に、氷山空母発見の報が飛び込む。
全長1700メートル、最大幅500メートル――。
この史上最大にして最強の敵・氷山空母が、いま日本海軍の前に立ち塞がる!これを壊滅する手段は果たしてあるのか!?昭和17年8月、窮地に陥ったガダルカナル島の日本軍を救うべく、日本海軍は第八艦隊による夜戦の殴り込みを決行した。
奇襲は見事成功するが、その前にまたしても怪物・氷山空母「ハボクック」が立ち塞がる。
「氷山空母またもガ島に現わる!」の報に、山本五十六はついに「大和」出撃を決意。
総力を結集してガダルカナル島奪回に向け驀進を開始する。
しかし、米軍はこの時、恐るべき第二の秘密兵器を隠し持っていた!!1941年日本海軍は、極秘裏に特殊空挺部隊を編成、その名を「雷神−RAIJING−」と呼ぶ。
日米開戦劈頭、雷神舞台は空前絶後の日独協同電撃作戦を展開!戦記アクションの巨匠が放つ、衝撃の書き下ろし作品!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60002433